UnityPackageManagerを使う

2020-05-11 00:00:00 +0000 UTC
最終更新 2020/07/21: update upm (f0194c5)

UniVRM-1.0 の UnityPackage

試験的に、パッケージを導入しています。

github リポジトリのルート以外に package.json を配置する機能を使っているので、 Unity 2019.3.4f1以降 が必要です。

導入方法

UnityPackageManagerのWindow

add package from git URL

パッケージ同士の依存関係を自動でダウンロードしてくれる機能は無いので、以下の git url を順に追加してください。

  • https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRMShaders
  • https://github.com/vrm-c/UniVRM_1_0.git?path=/Assets/Vrm10 => VRMShadersに依存

もしくは、 Packages/manifest.json に直接コピーペーストする。

以下の内容を追記してください。

{
  "dependencies": {
    // 省略
    "com.vrmc.univrm": "https://github.com/vrm-c/UniVRM_1_0.git?path=/Assets/Vrm10",
    "com.vrmc.vrmshaders": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRMShaders",
    // 省略
}

https://github.com/vrm-c/UniVRMUtility/blob/master/Packages/manifest.json は、 UniVRM-1.0UnityPackage を使う例です。

以下の “lock” はUnityが自動で更新するので、編集する必要はありません。

  "lock": {
    "com.vrmc.univrm": {
      "revision": "HEAD",
      "hash": "198c2c605ded711b21781421e71ba9bdbe0f8728"
    },
    "com.vrmc.vrmshaders": {
      "revision": "HEAD",
      "hash": "155acf354735288db0335878179f483901541851"
    }
  }

VRM - humanoid 3d avatar format for VR