構成

2020-04-21 17:12:49 +0900 +0900
最終更新 2020/05/11: update (9cd5ff0)

Assets/vrmlib

GLTFからバイト列を切り出して、index 参照を実体化して作業しやすくした中間の入れ物 VrmLib.Model

Assets/ProtobufSerializer

VRM-1.0 の読み書き。 ProtocolBufferで定義して、Jsonのシリアライザを生成したもの。

VRM-1.0 から中間形式の VrmLib.Model に移し替える。

  • VRM-1.0 <=> VrmLib.Model

Assets/VRM

UniVRM-0.55 に package.json を追加したもの。

  • MToon shader
  • UniUnlit shader
  • VRM-0.X のシリアライザ

Assets/UniVRM0XReader

VRM-0.X から中間形式の VrmLib.Model に移し替える。

  • VRM-0.x => VrmLib.Model

Assets/UniVRM-1.0

  • VrmLib.Model <=> Unity
  • 右手系・左手系の変換
  • スクリプトスレッドで実行する必要あり
  • GLTF部分(Mesh, Texture, Material, GameObject, SkinnedMeshRendererなど)
  • VRM部分(HumanoidAvatar, BlendShapeProxy, LookAt, FirstPersonなど)

VRM - humanoid 3d avatar format for VR