Glbエクスポート

手順

UniVRMに含まれるUniGLTFでglbファイルを作成することが出来ます。 以下、手順を説明します。

  1. 空のシーンを用意します。

  2. 一番親になるemptyを作成します。移動・回転・拡縮は無し。

  3. エクスポートしたいオブジェクトをemptyの子にします。 (この例ではCubeを作成しました。Prefab等任意のオブジェクトを追加できます)

image

  1. 一番親のオブジェクトを選択して、エクスポートメニューを起動します。

image

  1. ファイル名を選択して glb ファイルを書き出せば完了です。

Glbのエクスポート対象になるコンポーネント

  • MeshRenderer + MeshFilter (一番親以外の子供につけてください)
  • SkinnedMeshRenderer (一番親以外の子供につけてください)
  • Animation (一番親のオブジェクトに付けてください。回転はQuaternionのキーフレームを打ってください。移動・回転・拡縮に対応しています。BlendShapeは未対応)

対応しているShader

  • Standard もしくは Unlit/Color, Unlit/Texture, Unlit/Transparent, Unlit/Transparent Coutout, UniGLTF/UniUnlit
最終更新 0001/01/01
VRM - humanoid 3d avatar format for VR