Mesh Utility

作成 2021/04/21 最終更新 2021/10/07 glb_export.md (602e462f)

MeshUtilityはメッシュ処理のツールです。
現在利用可能な機能: MeshSeparatorMeshIntegratorStaticMeshIntegratorBoneMeshEraser

使用例

ここでは、MeshSeparatorの使い方を紹介していきます。他の機能の使い方は大体同じです。
MeshSeparatorが適用されると、BlendShapeを含むメッシュは分割されます。 先ず、ヒエラルキーにモデルのGameObjectを選択します。


または、GameObjectをTargetObjectフィールドにドラッグ&ドロップします。
メッシュ処理のウィンドウを表示するため、メニューからUniGLTF -> MeshUtility -> MeshProcessing Wizardをクリックしてください:


Processボタンをクリックすると、処理したモデルのGameObjectを生成されます。このGameObjectを選択してエクスポータします(VRM0 -> Export UniVRM-0.xx)。


分割されたメッシュもAssetsフォルダーに保存されます。
この例では、モデルのメッシュは顔と体の2つの部分に分割された。

顔: BlendShapeを含む   体: BlendShapeを含まない

MeshSeparator

BlendShapeを含むメッシュは分割されます。BlendShapeのサイズを削減できます。

MeshIntegrator

Prefab GameObjectのすべてのメッシュを統合します。BlendShapeを含むメッシュは独立して統合されます。

StaticMeshIntegrator

Prefab GameObjectのすべての静的メッシュを一つに統合します。

BoneMeshEraser

ボーン(Erase Rootのヒエラルキー)に関連するメッシュを削除します。


VRM - humanoid 3d avatar format for VR