UPMでUniVRMをインストールする

2020-07-08 11:42:13 +0900 +0900
最終更新 2020/09/15: tags(unity, detail, api, gltf...) (cdaf1eb)

UniVRM-0.XX の UnityPackage

UniVRM-0.56から、UniVRMはUnityPackageManagerでインポートできるようになりました。

github リポジトリのルート以外に package.json を配置する機能を使っているので、 Unity 2019.3.4f1以降 が必要です。

UnityPackageManager ウインドウによるインストール

UnityPackageManagerのWindow


add package from git URL


新しいUniVRMバージョンがリリースされる時に、このバージョンに関連するgit urlsを公開します。

たとえば、v0.59.0 のgit urlは次のとおりです:

  • https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/MeshUtility#v0.59.0
  • https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRMShaders#v0.59.0
  • https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRM#v0.59.0 => VRMShadersとMeshUtility に依存

パッケージ同士の依存関係を自動でダウンロードしてくれる機能は無いので、以上の git url を順に追加してください。

バージョン番号を変更することで、お好きなバージョンに切り替えることができます。

packages/manifest.json 直接編集によるインストール

以下の内容を追記してください(v0.59.0の例)。

{
  "dependencies": {
    // ...
    "com.vrmc.meshutility": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/MeshUtility#v0.59.0",
    "com.vrmc.vrmshaders": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRMShaders#v0.59.0",
    "com.vrmc.univrm": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRM#v0.59.0",
    // ...
}

gitの特定コミットを指定する場合

dependencies に特定のコミットを指定します。

例:

{
  "dependencies": {
    // ...
    "com.vrmc.meshutility": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/MeshUtility#873aec208c663c10dd825e9b006fec6809cfe6ca",
    "com.vrmc.vrmshaders": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRMShaders#873aec208c663c10dd825e9b006fec6809cfe6ca",
    "com.vrmc.univrm": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRM#873aec208c663c10dd825e9b006fec6809cfe6ca",
    // ...
}

VRM - humanoid 3d avatar format for VR