LookAt

作成 2018/04/16 最終更新 2020/09/15 tags(unity, detail, api, gltf...) (cdaf1eb2)

VRMでは頭から目標(注視点)への相対的な回転(Yaw, Pitch)を得て、 目に適用できます。

  • VRMLookAtHead + VRMLookAtBoneApplyer または VRMLookAtBlendShapeApplyer の2つのコンポーネントで設定します。

LookAtの種類

注視点への Yaw, Pitch 角を適用する方法が以下の3種類あります。 モデルに応じて選択してください。

Bone

eye ボーンが回転するタイプ

BlendShape

BlendShapeの頂点移動で制御するタイプ

TextureUV

目のテクスチャの UV Offset で制御するタイプ

VRMLookAtHead

VRMLookAtHead

このコンポーネントは頭から見たTargetの方向を計算します。

Target

Application設定 です。モデルのセットアップには使いません

注視する対象物です。目を向けたい場所にあるオブジェクトをセットしてください。 カメラをセットすればカメラ目線になります。

視線計算の基準位置

VRMFirstPerson の FirstPersonOffset で Head ボーンからの相対的な基準位置を設定できます。


VRM - humanoid 3d avatar format for VR