VRMShaders UPMパッケージ

2020-07-29 00:00:00 +0000 UTC
最終更新 2020/08/04: docs/univrm 配下の url: を aliases: に変更(redirect設定) (0270010)

UniVRM-0.56 からフォルダ構成を変更して、 UniVRM のマテリアル関連の機能は、 Assets/VRMShaders に移動しました。

UPM パッケージ

パッケージとして独立して、 UniVRM とは関係なくマテリアル関連だけ単体で使うことできます。 ( UniVRMVRMShaders を使う関係)。 UniUnlitMToon を内包しています。

// manifest.json 抜粋
{
  "dependencies": {
    "com.vrmc.vrmshaders": "https://github.com/vrm-c/UniVRM.git?path=/Assets/VRMShaders#v0.57.0",
  }
}

#0.57.0 部分で UniVRM のリリース番号(github の tag)を指定します。 VRMShadersVRM と同じリリース番号を適用する運用をしています。

UniUnlit

unlit

MToon

https://github.com/Santarh/MToon

で開発しています。 git submodule で、VRMShaders 配下になるようにしています。

https://github.com/vrm-c/UniVRM/tree/master/Assets/VRMShaders

mtoon


VRM - humanoid 3d avatar format for VR