Editor でアップグレードする¶

UniVRM は従来の VRM-0.x モデルを VRM-1.0β モデルにアップグレードすることができます。 手順を説明します。

動作確認環境¶

  • Unity 2020.3.34f1

  • UniVRM 0.103.0

Asset のアップグレード¶

以下の手順でアップグレードできます。

  1. vrm0.x の vrm ファイルを Unity Project Asset に投入

  2. インスペクタで Migration フラグを有効にし Apply

  3. ライセンスなどを適切に修正する

  4. Prefab を vrm1.0 としてそのまま Export する

Asset の Inspector によるアップグレード¶

Editor

VRM-0.XXX.0_faa1.unitypackage の機能です。 UPM では com.vrmc.univrm1

Asset に vrm-0.x を投入してください。 Inspector に migration ボタンが表示されます。

../../_images/editor_migration.jpg

Migrate to Vrm1¶

cehckbox を有効にして apply ボタンを押します。

../../_images/editor_migrated.jpg

Migrated¶

vrm-1.0 の prefab が生成されます。