アニメーション

VRM は、Animation を使わないという仕様です

対応バージョン

  • v0.44

対応状況

KeyName

TranslationKey

RotationKey

ScaleKey

BlendShapeKey

×


Animatorをエクスポートする場合

  1. ルートGameObjectにAnimatorコンポーネントを追加

  2. AnimatorControllerを作成し、それをAnimatorのController項目に設定

  3. UnityEditorのツールバーからWindow>AnimationでAnimationウインドウを開く

  4. ルートGameObjectが選択状態であることを確認してAnimationウインドウ中央に表示されているCreateボタンを押してAnimationClipを作る

  5. このクリップに対してアニメーションキーを追加

  6. UniGLTF>Exportからglbを出力する

Animationをエクスポートする場合

  1. ルートGameObjectにAnimationコンポーネントを追加

  2. UnityEditorのツールバーからWindow>AnimationでAnimationウインドウを開く

  3. ルートGameObjectが選択状態であることを確認してAnimationウインドウ中央に表示されているCreateボタンを押してAnimationClipを作る

  4. Inspectorの設定をDebugモードにしてAnimationClipのLegacyフラグをONにする

../_images/LegacyClip.png

Interpolation

  1. AnimationコンポーネントのAnimation項目に作成したAnimationClipを設定

  2. クリップに対してアニメーションキーを追加

  3. UniGLTF>Exportからglbを出力する

注意事項

  1. RotationKeyのInterpolation設定をQuaternionかまたはEulerAngles(Quaternion)にすること

../_images/Interpolation.png

Interpolation

  1. Animatorの場合は設定されている全てのClipを検索して書き出しをしているが、ステートの状態などは出力されない

  2. Animator経由だと複数のアニメーションが書き込まれるが、UniGLTFのImporterが読み込むのは最初の1つだけ(UniGLTF-1.25時点)