🚧VRM-0.x モデルを VRM-1.0β モデルにアップグレードする¶

UniVRM は従来の VRM-0.x モデルを VRM-1.0β モデルにアップグレードすることができます。

ほとんどの要素は元の表現を維持したままアップグレードされますが、一部の要素はアップグレードされない場合があります。 たとえば、ライセンス情報は自動的にアップグレードできないため、元の情報が維持されます。 (#181)

アップグレードは VRM モデル制作者が手動で行う ことができます。 また VRM 組み込みアプリケーション開発者が対応する こともできます。

VRM 組み込みアプリケーション開発者が対応する場合、アプリケーション利用者は自身のモデルが VRM-0.x か VRM-1.0β かを意識することなく利用することができます。

動作確認環境¶

  • Unity 2019.4.30f1

  • UniVRM 0.80.0