VRM-1.0β

VRM 1.0 とは

2018 年に発表した 3D アバターファイルフォーマット「VRM」において、 利用が進むにつれて判明した課題やエラーを修正し、 今後必要になると考えられる機能を追加した規格となります。

従来のVRMは今後 VRM 0.x と分類され非推奨となり、今後は VRM 1.0 が正式な規格となる予定です。

VRM 1.0β とは

VRM 1.0 は複数の部品にわかれて策定が進んでいます。 各々の部品は 3 つの策定段階のうちいずれかの状態を取ります。 1 つ目はまだ大きく変更される可能性のある「ドラフト段階」です。 2 つ目は確定したとはいえないものの充分利用できる「β段階」です。 3 つ目は規格として確定している「正式版」です。

2021年11月時点で、ドラフト段階にある部品(VRM_node_constraint)も残されています。 しかし全体を通して利用できる段階にあるため、Constraint 機能を除いたものを VRM 1.0β と呼称しています。

公開文書

VRM 1.0 仕様

文書 および JSON Schema を用いて定義された VRM 1.0 の仕様です。

https://github.com/vrm-c/vrm-specification/tree/master/specification

VRMパブリック・ライセンス文書 1.0

アバターの人格に関する許諾を考慮した、VRM 独自のライセンスです。

VRMパブリック・ライセンス文書 1.0

実装

公式の実装として Unity での実装「UniVRM」が存在します。

UniVRM-1.0β